TechShareでは、Raspberry Pi, BeagleBone Black、BeagleBone Greenなどの高性能のオープンソースハードウエアを利用したカスタムボード製造サービスを提供してりますが、これらのオープンソースハードウエアを量産開発に適用するためには、オープンソースハードウエアの特性やリスクを正しく理解し、量産適用時のデメリットを最小限に抑えるためのノウハウやテクニックが必要です。

 

TechShareでは、一般に流通する標準ボードの提供に加え、カスタム版のボードの提供、Compute Moduleのようなコアモジュール形式での提供をオープンソースハードウエアの量産利用のプラットフォームとして提供しています。

プロダクションメンバーサービスは、これらの3つのプラットフォームボードを量産に量産適用するための必要なサポートをパッケージ化したサービスです。TechShareでは、Raspberry PiやBeagleBoneをベースとした複数のベースボードでこれらのサービス提供が可能です。

  

<Raspberry Piプロダクションメンバーサービス>

 

最も取り扱い実績のあるRaspberry Piを例にプロダクションメンバーサービスをご説明させていただきます。 

 

■    サービスの概要:

Raspberry Piプロダクションメンバーサービスは、カスタムRaspberry Piまたは標準のRaspberry PiまたはCompupte Modelを製品開発及び量産に利用するための、サポートサービスパッケージです。

※Raspberry Pi Zeroに関しては、流通用や入手性の問題からプロダクションメンバーサービスの対象外としております。

 

■    主なサービス内容:

1)Raspberry Pi開発環境の提供

- 標準ボード(コンプリートスターターキット)

- カスタムRaspberry Piトライアルキット

- Compute Module3開発キット

 

2)カスタム仕様検討のためのテクニカルサポート 

3) カスタムRaspberry Piボードのプロトタイプサンプルの提供。

4) コストシミュレーションや量産スケジュールのアドバイス。 

5)  量産用カスタム納品サービス

6) Raspberry Pi検証済周辺機器のアドバイス及びサンプル提供

7) 量産適用のための必要情報・必要書類の提供(品質管理、Certification、 輸出規制関連など)

8) 工場視察サポート等の品質確認作業のサポート

9) 拡張ボード製造サービスおよび技術サポート

※.プロダクションメンバーサービス提供には、守秘義務契約締結が必要となります。

  

 

小規模量産の製品開発では、企画段階や初期のプロトタイプ開発から量産製品の開始まで6ヶ月~18ヶ月程度の期間がかかることが多く、量産開発に移行する直前の段階で製品の実現方法をカスタムボード利用するか、オリジナルのボードを設計するかを決定するのが一般的です。

 

Raspberry Piなどのオープンソースハードウエアを利用した製品開発・量産開発を低コストかつ短期間で実現するためには、プロトタイプ試作段階で、どのようなカスタムが可能なのか、性能、品質、コスト、納期 更には流通に必要.な証明書類などの開発プロセス全体のフィージビリティスタディを開発初期段階で済ませておくことが重要です。

Raspberry Piプロダクションメンバーサービスを利用すれば、量産の生産最小ロット以上の購入コミットメントがない段階でも、初期段階のプロトタイプからカスタムRaspberry Piのプロトタイプサンプルを利用して、製品試作をすることが可能となります。カスタムRaspberry Piを前提とした製品プロトタイプの試作、フィールドテストレベルの製品試作、最終的な量産が可能となり、スムーズにその開発ステップを踏むことができます。

 

<お問合せ先>
TechShare株式会社
オープンソースハードウエア事業部 プロダクションチーム

TEL 03-5683-7293
Email: production@techshare.co.jp

 

関連リンク

カスタムRaspberry Pi製造サービス

2015年10月27日 Customising the Raspberry Pi - The Brand New Service from element14