3ple Decker Raspberry Pi ケース 100個セット [TSI-3D-Pi-Case-100]

3ple Decker Raspberry Pi ケース 100個セット [TSI-3D-Pi-Case-100]

販売価格はお問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

 

上記スタック画像は、本商品を5個積み重ねた接続例です。

実際の商品は、いずれかの色1個単位での販売となっております。

 

【商品の概要】

IoT (Internet of Things) 製品の試作やPBL教育 (Project Based Learning教育) 用途に最適なモバイルサーキットブロック 3ple Decker (トリプル・デッカー) シリーズのRaspberry Pi2 Model B/Raspberry Pi3 Model B用のケースです。

カラーバリエーションは、クリア系5色と不透過系2色を用意、豊富なバリエーションからお好みの色を選ぶことができます。

3ple Deckerシリーズのケースとスタックするためのピン、および、タミヤのユニバーサルプレートに留めるためのピンが付属しています。

上部には開口部があり、GPIOピンをアクセスしやすくなっています。さらに、ケース内にゴミが入るのを抑えるため、開口部に合わせた着脱式の蓋が2種類付属しています。通気性の向上を考慮したデザインのものと、GPIOピンにピンソケットをつなげることを考慮したものとの2種類を使い分けることができ、実用性やデザイン性に優れたつくりとなっています。

 

【3ple Deckerシリーズとは】

3ple Deckerシリーズは、TechShareが従来より販売しているRaspberry Piケース製品のデザインをベースにしており、

  1. Raspberry Pi、BeagleBone、Arduinoの各マイコンボード用のモジュール
  2. ブレッドボードやプロトタイプ基板が収められるユニバーサルサーキットモジュール
  3. モバイルバッテリーモジュール (2016年11月頃リリース予定)

の3つのコンポ—ネントからなるシリーズ製品で、特徴は次の通りです。

  • 何段にもスタックできるモジュール間の優れた脱着性
  • モバイルバッテリーモジュールによる電源にとらわれないモバイル性
  • システムとして機能するモジュール化された組み換えやすさ

 

【3ple Deckerシリーズでできること】

3ple Deckerシリーズを使い、マイコンボードモジュールと各種モジュールを積み上げて、簡単な配線とプログラミングを行うことで、1つの機器を作り出すことができます。

例えば、モバイルバッテリーモジュールと無線機能を持ったマイコンボードモジュールの組み合わせにより、ケーブルレスのコンピューティング環境を構築できます。

さらにセンサー類を収めたユニバーサルサーキットモジュールを追加することで、環境情報を取得するIoTのエンドデバイスを試作できます。

また、各モジュールは部品や基板がむき出しの状態ではないため、ブロックを組み上げる感覚でPhysical Computingを体験することができ、PBL教育の教材として安全にお使い頂けます。

 

3ple Decker Raspberry Pi ケース 100個セット [TSI-3D-Pi-Case-100]

販売価格はお問い合わせください。