Raspberry Pi用遠隔操作カメラキット [TSI-Pi-101-W2]

Raspberry Pi用遠隔操作カメラキット [TSI-Pi-101-W2]

販売価格: 3,980円(税別)

数量:

 

品名:Raspberry Pi用遠隔操作カメラキット

品番:TSI-Pi-101-W2
JAN Code:4560410441542

本セットは、Raspberry Pi用の遠隔操作カメラとして利用できるように、Adjustable FocusのPiカメラとパンチルトをセットにしたPhysical Computing Labの便利なキットです。

 □カメラモジュール

同梱のカメラモジュールは、どのバージョンのRaspberry Piにも対応しているカメラです。 500万画素であり、焦点の調整にはOV5647というセンサーモジュールが利用されています。

■カメラの特性 CCDカメラサイズ:1/4インチ
  • アパチャ(F値):2.0
  • 焦点距離:6mm(調整可)
  • 解像度:1080P
  • モジュールサイズ:32mm×32mm

■その他付属物

  • ミニパンチルトキット
  • ピンヘッダー(3P)x2
  • ブレッドボードx1 

 

以下の動画はカメラモジュールを実際に使用してストリーミングを行うプロモーションビデオです。


 

 

ミニパンチルトキット


ミニパンチルトキットは、組み立てが必要です。

組立て方法は、下記サイトを参照ください。

https://learn.adafruit.com/mini-pan-tilt-kit-assembly

 

完成したパンチルトは、Rapberry Piだけでなく、Arduinoで利用することもできます。

ミニパンチルトは、2つのサーボモーターで左右横方向に約180°の回転と上下に約150°の可動させることができる
フルレンジのモーションを実現する方法です。


また、このパンチルトは、カメラやセンサーなどを取り付けることのできる38mmx36mmのスペースがあり、
Raspberry Pi用カメラを付けて、遠隔操作で動画や静止画を撮影することなどもできます。


モーターがシンプルなサーボモータなので、どんなマイクロコントローラやドライバーでも 利用することができます。 これは、何か動くものを作りたいビギナーの方に最適です。
このパンチルトは、左右と上下の両方のモーションを作り出す非常に手軽な方法を提供します。

 

 








上の写真のDemoでは、これをAdafruit Pro Trinketのボードとつなぎ、Arduino Servo Libararyで、
ダンスをさせています。
 
 


 
 参考情報

本キットにRaspberry Piを組み合わせて遠隔操作カメラを作る参考情報をまとめました。

 

https://physical-computing-lab.net/rasp/pan-tilt-camera-kit.html

 

 


  

Raspberry Pi用遠隔操作カメラキット [TSI-Pi-101-W2]

販売価格: 3,980円(税別)

数量: