Raspberry Pi Compute Module 3+ Development Kit Type C, CM3+ Binocular Vision Kit [ws-18141]

Raspberry Pi Compute Module 3+ Development Kit Type C, CM3+ Binocular Vision Kit [ws-18141]

販売価格: 21,980円(税別)

数量:
CM3 +用両眼ビジョンキット
 
※本商品は、ご購入後のお取り寄せとなります。
 

双眼拡張ボード、2x IMX219-77カメラ、4.3インチDSI LCD、およびオプションのコンピューティングモジュール3+を含む

 

Raspberry Pi両眼ビジョンプロジェクトに最適

 
 
 
 
CM-STEREO-VISION-BOARD
 

デュアルカメラのサポート、Raspberry Pi双眼ビジョンプロジェクトでのプレイアラウンド
Raspberry Pi Compute Module CM3 / CM3 Lite / CM3 + / CM3 + Liteのサポート

この両眼ステレオビジョン拡張ボードは、Raspberry Pi Compute Module用に特別に設計されており、CM3 / CM3 Lite / CM3 + / CM3 + Liteと互換性があります。これは、3つのカメラポートDSI及びUSBなどの一般的に使用されるポートを特徴とし、さらに複数の他の周辺機器インターフェースを介して支持されているFPC用コネクタなどすべてが小型ボディに搭載されています。

さまざまな種類のカメラと接続し、付属のIMUフィルライトボードと組み合わせることで、両眼視差の範囲、顔の識別、生きている物体の検出、VRビデオの録画など、さまざまなRaspberry Piステレオビジョンプロジェクトを簡単かつ柔軟に構築できます。 

 
 
 
一目でわかる機能
  • Raspberry Pi Compute Module CM3 / CM3 Lite / CM3 + / CM3 + Liteと互換性があります
  • 3つのカメラポート、デフォルトで使用するCAM0ポート、およびCAM1 / CAM3ポートは、GPIOによって選択される2つの代替オプションです
  • オンボードDSIポート、DSIディスプレイと直接接続可能
  • オンボードUSBコネクタ、システムイメージのフラッシュに便利、または通常のUSBポートとして使用
  • 36PIN GPIOコネクタ、UARTポートを拡張するためのアダプタボードと標準の40PIN Raspberry Pi GPIOが付属
  • 24PIN HDMI拡張コネクタ、HDMIディスプレイと接続するためのアダプタボードが付属
  • 付属のICM20948 IMUフィルライトボードを接続するための10PIN GPIO / I2C拡張コネクタ
  • DS1307 RTCチップとCR1220バッテリーホルダーを統合
  • アクリルの取り付けプレートと三脚アダプターが付属し、一般的な三脚で使いやすくなっています
  • 開発リソースが付属しています(例とユーザーマニュアル)

 

 

 

4.3インチDSI LCD
  • 4.3インチIPSディスプレイ、800×480ハードウェア解像度
  • 5ポイントの静電容量式タッチコントロール
  • Raspberry Piのすべてのバージョンをサポート
  • Raspberry Pi DSIポートで直接駆動、最大60Hzのリフレッシュレート
  • Raspberry Piと組み合わせると、Raspbian / Ubuntu / Kali / WIN10 loTなどのシステムをサポートし、ドライバーは不要です

 

 

 

 

IMX219-77カメラ
  • 8MP IMX219センサー、77°FoV、費用対効果
  • 1/4インチCMOSイメージセンサー、3280×2464解像度、1%未満の歪み
  • F2.0固定絞り、2.96mm固定焦点距離
  • スモールフォームファクター、6.5mm×6.5mmレンズサイズ、25mm×24mmの外形寸法
  • 4x取り付け穴、3.3V出力も提供
  • Jetson Nano Developer KitおよびCompute Module 3/3 +と互換性があります

 

 

 

ハードウェア接続
 

Compute Module 3+との接続

デュアルカメラとの接続

IMUフィルライトボードとともに効果を高めます

 

 

Raspberry Pi DSI LCDとの接続

 

オンボードDSIポート経由で直接接続

※CR1220ボタンセルは含まれていません。
 
 
 
 
 
 
 
 
搭載されているもの
 

CM3ベースボード

  1. 計算モジュール
    CM3 / CM3 Lite / CM3 + / CM3 + Liteと接続するための計算モジュールコネクタ

  2. Raspberry Pi DSIディスプレイと接続するためのDSIディスプレイポート

  3. HDMIアダプターを介してHDMIディスプレイと接続するための24PIN HDMI拡張コネクター
  4. CSIカメラポート
    CAM0:デフォルトで有効化
    CAM1:GPIO38をローに設定して有効化  CAM3:GPIO38をハイに設定して有効化

  5. 事前フラッシュされたシステムイメージを備えたマイクロSDカード用の マイクロSDカードスロット

  6. アダプターを介してUARTポートとRaspberry Pi GPIOを拡張するための 36PIN GPIOコネクター
  1. ICM20948
    IMUフィルライトボードと接続するための10PIN I2Cコネクタ

  2. システムイメージをフラッシュするためのUSBコネクタ、または通常のUSBポートとして使用
  3. 5V電源入力
  4. RTCバッテリーホルダー
    はCR1220ボタンバッテリーをサポート
  5. DS1307
    RTCチップ
  6.  SB BOOT ENABLEスイッチ
    EN:USBポート経由でシステムイメージのフラッシュを許可
    DIS:ポートを通常のUSBポートとして設定
  7. ユーザー・キー

 

 

UARTアダプタ

  1. Raspberry Pi
    HATと接続するためのRaspberry Pi GPIOインターフェイス

  2. CM3ベースボードと接続するための36PIN GPIOコネクタ
  3. USB TO UARTポート
    これにより、シリアルターミナル経由でRaspberry Piにアクセスしたり、電源として使用したりできます
  1. CH340
    USBからUARTチップ
  2. UART電源スイッチ
    OPEN:USB TO UART電源から切断
    リンク:USB TO UART電源に接続

 

 

 

 

IMUフィルライトボード

  1. ICM-20948
    • 加速度計
      • 解像度:16ビット
      • 測定範囲(設定可能):±2、±4、±8、±16g
      • 動作電流:68.9uA
    • ジャイロスコープ
      • 解像度:16ビット
      • 測定範囲(設定可能):±250、±500、±1000、±2000°/秒
      • 動作電流:1.23mA
    • 磁力計
      • 解像度:16ビット
      • 測定範囲:±4900µT
      • 動作電流:90uA

  1. GPIOで制御される白色のフィルライト

  2. GPIOで制御される850nm IRフィルライト

  3. CM3ベースボードと接続するための10PIN I2Cコネクタ

  4. ホストボードと接続するための 6PIN I2Cヘッダー
Raspberry Pi Compute Module 3+ Development Kit Type C, CM3+ Binocular Vision Kit [ws-18141]

販売価格: 21,980円(税別)

数量: