DOBOT Magicianとは

 

DOBOT Magicianは、ペイロード500g、繰返精度0.2mmの基本性能を持つ汎用ロボットアームです。

 

 STEM教育用に設計されたロボットアームですが、その高い基本性能と耐久性から、子供向けSTEM教育、ホビー、大学や高専などの高等教育、工場の軽作業他の企業の実務まで、非常に多彩な用途で利用されるロボットアームです。

 

DOBOT Magicianの概要紹介

 

 

 

 

 DOBOT Magicianが今までにないロボットアームとして注目されている理由は、今までの低価格ロボットアームにはない、以下の4つの特徴があるからです。

 

 

特徴1:ロボットアームの基本性能

 

ペイロード500g、繰り返し精度0.2mmの十分な剛性のある安定したロボットアームの基本性能

 

 

 

 

 

 Dobot Magicianは、0.2mmの精度を実現するため自社開発の高精度ステッパーモーターと減速機を利用しています。また、機械構造も精度高い安定動作ができるよう機構構造も強化されていますので、安定した繰り返し作業動作を実現しています。

 

特徴2:多彩な作業が簡単にできる拡張性

 

多彩な作業が簡単にできる豊富なアタッチメントとフレキシブルに利用できる拡張性ポート

 

DOBOT Magicianには、500gのペイロードを利用してロボットアームの先端に搭載できる様々なアタッチメントが標準のセットに用意されています。

一般的なグリッパーや吸盤式ハンドだけでなく、3Dプリント、レーザー彫刻、書写やペン描写を含めた様々な利用用途で利用できる汎用ロボットアームです。

 

 

 

 

 

 Dobot Magicianは3Dプリントを行うことができる最初のパーソナルロボットアームです。高精度で切り替え可能なツールヘッドで3Dプリントやピック&プレイス、書写&描画など様々なご活用のが可能になります。

 

アーム先端のツール ホルダーには、多彩なツールが搭載できます。ホルダーやポートはツール用に標準化されていますので、簡単に付け替えることができます。

 

 

  

 

 

 Dobot Magicianには、13個の拡張ポートがあり、プログラムから可能です。ユーザーはそれらの拡張ポートを利用して、外部モジュールやセンサーを追加接続し、プログラミングすることでより、ユーザの固有の高度な機能を実現することができます。

 

 

 

  

Arduino プラットフォームと親和性のあるグラフィックプログラミング環境と複数のツールヘッドでご利用できますので、開発したい方にはおすすめのロボットです。ドボットだけのチュートリアルやレッスンをご利用いただくことで、Dobot Magicianは、ロボットアームやハードウェア開発、コーディング、オートメーションを学ぶ理想的なプラットフォームとしてご活用いただけます。

 

 

特徴3:簡単に操作できるソフトウエア環境

 

専用ソフトウエアがあるので、初心者からアドバンスドユーザまで幅広く利用可能 

 

■初心者でも、ビジュアルプログラミングやハンドティーチングで操作が可能

 

 

 

 

Dobot Magicianが行う動作のリストを作ることができます。ドラッグするだけでDobot Magicianに動きを覚えさせ、ワンクリックで繰り返させることも可能です。また、再生リストを手動で編集できるPCソフトウェアを使ってより正確にパラメーターを設定し、動きをカスタマイズすることもできます。

   

Dobot MagicianのためにGoogleのオープンリソースプラットフォームであるGoogle Blocklyを元にDobot Blocklyというビジュアルプログラミング環境を開発しました。こちらのDobot Blocklyでは、パズルを組み合わせるだけでプログラミングができ、直感的でとても読みやすくなっております。また、すぐに使えるDobot Magician用の特別なAPIと連携しています。

 

■20種類以上のプログラミング言語で操作が可能

 

WIFI接続または両方のマシーンを外部ボードに接続することで、複数のDobot Magicianを一度に制御することができるので、デバイスの制御だけでなく、動作と測定の効率向上にも役立ちます。また、Dobot Magicianにはコマンド用の内部ストレージがありますので、再生リストやコードをアップロードすることで、デバイスに接続することなく、単独で実行することもできます。

 

 

特徴4:システムとして拡張できるオプション

 

スライディングレールやコンベアベルトなどの拡張キット

 

Dobot Magicianには、3Dプリンタ、レーザー彫刻、ペンホルダー、グリッパー、吸盤などアタッチメントがあります。 さらに、レール・スライダとコンベアベルトのキットを利用することで、更に多彩な作業を実現するロボットアームシステムを構築することができます。今後も画像認識やロボットカーのプラットフォームなど更なる拡張オプションが続々リリースされる予定です。 

   

 

1)レールスライダーを利用したドミノ倒し

 

 

 

 

 

2)レールスライダーを利用した書道

 

 

 

 

 

3)コンベアベルトキットを利用したマイクロ生産ライン

 

 

 

 

 

4)生産ラインのプロトタイプシミュレーション例

 

 

       

 

 

 

Dobot Magicianはプログラミングと力学、電子工学、オートメーションの統合したSTEM教育デバイスとなっており、複数の科目にまたがって知識を獲得することができます。ユーザーにとってわかりやすいユーザインターフェース、様々な機能や活用方法で楽しみながら体験的に学べるので、より科学技術への興味関心を高めることができます。

 

また、DOBOT Magicianのロボットアームは100ヶ国以上で販売されており、DOBOTのコミュニティーには豊富な学習教材や経験を持つエンジニアや開発者、熱心なユーザーがいます。同じ目標を持つ友だちを見つけたり、新しいトリックを探したり、アイデアを交換したりしてより大きなプラットフォームで視野を広げることができます。DOBOTは世界中でロボット大会や活動を行っていますので、ぜひ挑戦したり、新しい友だちを見つけに来てください!

 

 

実際に利用するユーザ例

 

■Wolkswagenの社内教育用生産ライン

 


  

 

■Fujitsu(独)のIndustry 4.0 ソリューションのPR利用

  

  



■ワイヤ加工作業

 

   

 

 

 

  ■貴金属の計量と分別作業

 

  

 

 

■スマートフォンスクリーンテスト

 

  

 

 

 

DOBOT Magician関連ページ

 

 

商品情報

 

      

 

 

Jump Start Support

 

      

 

 

技術サポート情報

 

      

 

   

 

 

DOBOTイベント情報

 

      

 

 

 

 

 【Dobot Studio ダウンロードページ】