WRC2019-Intelligent Manufacturing Challenge

 

Dobot競技会の日本大会

 

 

 

 

 

 

 

1. Intelligent Manufacturing Challengeとは?

 

 このDOBOT競技会は、DOBOT社(Shenzhen Yuejiang Technology)は、WRCの名誉パートナーとして「Dobot Great Intelligent Manufacturing Challenge(DOBOT競技会)2019」を開催しています。Techshareでは日本での予選大会の開催及び日本から中国でのWorld Robot Contest 2019に参加するチームの支援を行うことを計画しています。(現在、準備中です。)

 

 

 

 

 中国最大のロボットコンファレンス「World Robot Conference(WRC) 」の重要なパートの1つが、プレスからはロボット産業のオリンピックと称される「World Robot Contest」です。WRCは、BCIコントロールロボットコンテスト、Ri-Coロボットコンテスト、インダストリーロボットスキルコンテスト、ワールドユースデザインコンテスト、インターナショナルUVSオープンで構成され、1万以上のチーム、トップ100のロボットエキスパートと5万人以上のコンテスト参加者が、約20の国と地域からこのイベントに参加します。

 

 

 

2 募集要項 

 

2.1 チーム構成(応募対象)

 

1)大学クラス (The Smart Challenge): 大学生2名~4名、指導先生1名

 

2)高校クラス (The Joint Team Event): 高校生2名~4名、指導先生1名

 

注1.高校クラスは、原則、高校生が対象ですが、高中一貫制の場合、中学生が入っても構いません。
注2.大学クラスは、大学生、大学院生、専門学校学生などが対象です。

 

 

 

2.2 主なスケジュール

 

競技会期間
トレーニング戦(東京)2019年3月23日
日本大会(東京)2019年7月6日
世界WRC本大会(北京)2019年8月中旬(予定)

 

注.日本の選手権大会に優勝されるチームは北京の世界WRC大会に参加する前提で調整中です。

 

各イベント内容の詳細及び参加申込は、下記のリンクをクリックしてアクセスしてください。

 

□3/23 トレーニング戦(東京)

□7/6 日本大会(東京)

 

 

3 競技会内容

 

 1)大学・高専クラス: 

 

    DOBOTを使って原材料をピックアップして分類し、指定された場所に積み上げる競技です。

 

    詳細は下記のドキュメントをご確認ください。

 

       大学生ルールブック(日本語)

 

       Intelligent Manufacturing Challenge Rules (University Level)

 

 2)高校クラス: 

 

    DOBOTを使って原材料を分類して指定される場所まで運びます。

 

    詳細は高校生ルールブック(日本語)にクリックしてください。

 

  

 

 

コンテストの流れ:

 

 

□YouTubeビデオ    

 

 

 

 

 

注:上記のルールブックは日本における選手権大会に使うルールブックです。本大会(中国)では、新ルールが適用される予定です。

 

 

 

4 なぜDOBOT

 

 DOBOT Magicianは、ペイロード500g、繰返精度0.2mmの基本性能を持つ汎用ロボットアームです。  教育用に設計されたロボットアームですが、その高い基本性能と耐久性から、子供向けSTEM教育、ホビー、大学や高専などの高等教育、工場の軽作業他の企業の実務まで、非常に多彩な用途で利用されるロボットアームです。

 

十分な剛性のある安定したロボットアームの基本性能

 

  • 多彩な作業が簡単にできる拡張性
  • 簡単に操作できるソフトウエア環境
  • システムとして拡張できるオプション

 

 Dobot Magicianの詳しい情報について、Dobot Magicianのホームページにご覧ください。

 

 

 

5 試合の目的

 

Industry 4.0 の核となる技術を取り巻く環境変化において、第四次産業革命に関する知識を普及し、皆の知恵を集めて、DOBOT Magicianに関する新たな可能性を発見することです。

 

また、学生の皆様がロボットやプログラミングやセンサーなどに興味を持っていただくことです。

 

  1. 選手たちはコンテストを通じて違う形の実験やプログラミングに触れることができます。創造力や学習の能力によって評価されます。
  2. チームのメンバーが協力して行動するので、チーム内の団結や連携も強くなることです。
  3. デスクトップ型ロボットに関する知識を習得できます。 また、ハイテック製造に関する教育手法を模索することです。
  4. 小型軽量のデスクトップロボットはコンテストのプラットフォームを提供します。このプラットフォームは、提供されたハイテク製品の教育的側面への適用や新しい教育手法を検討する機会を提案します。
  5. 優れたロボットスアームとして、Dobot Magicianはこれまで数多くの大学や教育機関で適用されてきました。Industry4.0を見据えたインテリジェントな工場の実現は、現在のDobot Magicianの製造現場における応用を踏まえた、進化した新しい教育的探索と言えます。

 

 

 

FAQ

 

Q1.DOBOT Magicianなどの機材の準備は必要ですか?

 

  A:DOBOT Magicinaなどの必要機材をお持ちでない方は、原則、購入が必要です。

 

  Dobot 商品ページ

 

  その他詳細については、お問合せください。 

 

 

 

Q2.参加のための必要コストは誰が負担しますか?

 

A:中国への飛行機代やVISA費用が自己負担が必要ですが、中国に滞在中のホテル、食費、交通費をWRC2018の実績では、主催側が負担していますが、本年度の大会では未定です。

 

  

 

Q3. 本大会へ日本からは、何チーム参加できますか?

 

A:3チーム程度を日本から参加できるように調整する予定ですが、詳細は現時点では未定です。

 

 

 

詳しくは下記の問い合わせ先まで、お問合せください。

 

 

 

<お問合せ先>

 

TechShare株式会社
WRC担当
TEL:03-5683-7293
Email:dobot@techshare.co.jp

 

 

2.2 募集時間

 

 

 

 

 

商品情報

      

 

 

 

Jump Start Support

    

 

 

 

技術サポート情報

      

   

 

 

DOBOTイベント情報

      

 

 

 

 【Dobot Studio ダウンロードページ】